英語で気持ちを伝えよう、外国人患者さんへのねぎらいの言葉


日々の関わりの中で、がんばっている患者さん、大変な思いをしている患者さんに対して、心からのねぎらいの言葉をかけたいと感じる場面が多々あると思います。

日本語だったらうまく言えるのに、英語で言葉が出てこない・・・そんなもどかしさを感じたことはありませんか?

今回は、外国人患者さんと良好な関係を築くことの助けにもなる、ねぎらいの言葉をシーン別にご紹介します。

体調が優れず辛い思いをしている患者さんへの言葉

外来や病棟で、辛い思いをする患者さんと関わるとき、優しく寄り添って声をかけてあげたいものですよね。

つわりの症状に苦しむ方、切迫流早産で安静を強いられる方、疼痛や発熱で辛い方、精神的に辛い状況の方、様々なケースが考えられますが、このようなときに使えるフレーズを見ていきましょう。

 

辛いですね。」 

It must be hard for you.

「がんばっていますね。」 

You are doing your best.

「気持ちわかります。」 

I understand how you feel.

「すぐに良くなりますよ。」 

You will be better soon.

「早く良くなりますように。」 

I hope it gets better soon.

 

出産の時にかけたい言葉

命をかけた人生の一大イベント。

自然分娩、無痛分娩、帝王切開、どれも立派な出産です。

患者さんにとって、かけられた言葉、その時の気持ちや雰囲気、ずっとずっと記憶に残るものだと思います。

そんな時こそ、心からのねぎらいの言葉を伝えたいものですね。

「とっても良くがんばりましたね!」 

You’ve done an amazing job!

分娩介助をし児の娩出後、私はよくこのフレーズを使います。

an amazing の部分を、その時の状況や気持ちによって色々な単語に置き換えることができます。

言葉のイメージとしては、

レベル1 Good (普通に良い)

レベル2 Great 、Nice(良い)

レベル3 Wonderful (素晴らしい) Excellent(素晴らしい 優秀な)

最上級! Amazing(びっくりするくらい) Fantastic(現実離れした)  Incredible(信じられないくらい)

といったところです。

文章が出てこなければ、単語だけでも伝わります。とにかく想いを込めて、言葉で伝えることが大切です。

私たち日本人は、感情をあまり表に出さない文化なので、多少オーバーに聞こえるくらいの方が伝わるかもしれません。

細かい話になりますが、You’ve done〜(You have done 〜). と、なぜ現在完了形を使うか。

それは、時間軸で見て過去の1点(出産の瞬間)だけをねぎらいたいわけではないからです。

出産の瞬間だけをねぎらいたい場合は、過去形で You did an amazing job! となります。

過去も今も継続してがんばっていることをねぎらいたいので、You’ve done an amazing job! と言っています。

日本語で時々見かける”グッジョブ”、”Good job.”

これは、患者さんへの労いの言葉としてあまり使いません。

ちょっと上から目線のような、「よくやった。」と雑に言っているようなニュアンスです。

“Well done!” も同様、「よくできたね!」と子供や生徒に言う印象です。

 

産後、育児をがんばっているママにかけたい言葉

出産を終えると、赤ちゃんと一緒の生活がはじまります。

睡眠不足や不安が大きい中、試行錯誤しながら育児をします。

病棟や外来だけでなく、地域での新生児訪問や産後ケアなど、様々な場面でママたちと関わる機会があると思います。

やさしく寄り添い、ねぎらいの声かけをしたいものですね。

「がんばっていますね。」 

You are doing your best. / You are working hard.

「上手にできていますよ。」 

You are doing very well.

「休めていますか?」 

Are you taking enough rest?  

「休んでくださいね。」 

Please take a rest.

「お大事にしてください。」 

Take care of your self.

「私たちを頼ってくださいね。」 

We are always ready to help you. 

おまけ

赤ちゃんを「かわいですね。」と言いたい時の、”cute”以外の表現をご紹介します。

男の子ならHe、女の子ならSheと呼びます。

”He(She) is so cute.”

とってもかわいいと感じたら、so のところに気持ちを込めて発音します。

cute の部分を、sweet(スウィート) , gorgeous(ゴージャス) , adorable(アドラブル)などに置き換えることで、バリエーションが広がります。

cute と pretty の違いについて。cute は 雰囲気も含めたかわいさのことを言い、pretty は服や花・景色など見た目限定のかわいさ・綺麗さを指します。

そのため、赤ちゃんに対しては pretty より cute の方が合っていると言えます。

いかがでしたか?

外国人患者さんへのねぎらいの言葉をご紹介しました。患者さんと関わる際の助けになればうれしいです。